腸内環境が悪いとどうなるの?

腸内環境が悪いと身体に良くない影響を及ぼすと良くいわれます。
腸内、特に大腸には、多くの菌が存在しています。
その菌の働きで、胃の中で消化された物が分解されて必要な成分が吸収されます。
残ったものが老廃物として体外に排出されます。

菌には、その働きによって善玉菌と悪玉菌に分かれます。
善玉菌が多い腸内環境では、腸は健康を維持して老化防止に役立つ働きをします。
悪玉菌は、分解することで体に悪影響を与えるようなものを作ったり、悪臭を放つガスを放ちます。
結果として、腸が乱れて免疫機能が低下し、有害な菌をブロックする機能が適切に働かなくなります。

また、処理しきれない有害物質が腸内に残るため、体外に排出しようとして、血液に送られます。
行き場を失った有害物質は、皮膚から排出され吹き出物などが増えます。
そのため腸内環境が悪いことで老化も進み、肌荒れの原因にもなってしまうのです。
腸本来の働きは、体に有益なものを吸収することで健康的な体を作ることです。
腸内環境が悪く、正常な機能が果たせなくなてしまうと、健康を害するようないろいろな症状につながってしまいます。

1

牛乳は腸内環境を整える?

牛乳は、腸内環境を整える食材で人間が体の中で作ることができない8種の必須アミノ酸を含んでいます。
また、オリゴ糖も含んでいます。
オリゴ糖は善玉菌の好物で善玉菌を増やす働きをしています。
腸内細菌は善玉菌:悪玉菌:日和見菌が6:3:1の割合で存在しています。
悪玉菌は不要だと思われがちですが、免疫が働きすぎないように調整したり、体内に侵入した病原菌を攻撃する役割を持ち、体にとっては必要な菌です。
いずれの菌も体には必要であり、3つの腸内細菌のバランスを保つことが重要になってきます。

牛乳は飲み物や調理の材料として食事に取り入れやすい素材です。
牛乳に含まれるラクトフェリンとよばれる糖たんぱくは質は、鉄の吸収を高めたり、悪玉菌を抑え善玉菌を増やし腸内環境を整える作用があります。
体質によっては牛乳中の乳糖を消化する酵素が少ないか弱かったりして消化不良を起こすことがあります。

また、アレルギー体質の人もいますので、キムチや糠漬けなどの漬物、味噌、納豆などほかの発酵食品でも腸内環境を整えることができます。
腸内環境を整える食生活は、発酵食品、食物繊維、オメガ3脂肪酸を食事に取り入れ、肉、野菜、魚、炭水化物をバランスよく摂ることです。

2

ビオフェルミンは腸内環境を良くする?

ビオフェルミンには病院で処方されるものと市販されているものがあり、腸内環境を整える効果を期待することができます。
ビオフェルミンには、乳酸菌が含まれているため、便秘や下痢はもちろんのこと、ガスが溜まりやすいなど、腸内環境の悪化により生じる症状を改善する助けになります。
市販されているビオフェルミンには、元々体内にある菌が含まれています。
そのため、飲み続けることで効き目が少なくなるということもありませんし、小腸から大腸まで、幅広く効果を得ることが出来ます。

剤形は錠剤ですが、腸に届くと休止状態に合った乳酸菌が活動を始めますので、善玉菌を増やす効果が期待されます。
市販されているビオフェルミンは、基本的に副作用はなく、子供からお年寄りまで幅広く服用することが出来ますが、一度にたくさん飲んでしまうと腹痛が起きる場合があります。
服用する際には、摂取目安量を参考に、1日量を服用するようにしましょう。

また、飲んですぐに効果を得ることが出来るというわけではありませんので、ある程度は継続して飲み続けることをおすすめします。
1か月以上飲んでも便秘や下痢などの症状が治まらない場合には医療機関に相談をしましょう。

3

カンジダ症を防ぐには腸内環境の改善が有効?

カンジダと言う名前は聞きなれないかもしれません。
カビの一種で人の皮膚や腸内に生息している日和見菌です。
体内には多くの日和見菌があります。
この日和見菌自体があることは普通で、日頃は特に問題となることはありません。

ただし、体調不良などにより免疫力が下がると感染症を起こす原因になります。
つまり免疫力があるときは無害でも、免疫が下がると耐えられなくなると言うことです。
カンジダ菌も免疫力が下がると炎症を起こすなどの軽度な症状が現れます。
発症する場所によって肌荒れやかゆみ、口内炎などさまざまです。
悪化すると、出血などを伴い重症化することもあります。

最近では、腸内でカンジダ菌が増殖すると、アレルギー疾患を発症することもわかってきました。
カンジダ菌の増殖を抑えるためには、腸内環境を改善する必要があります。
腸内環境が悪化すると免疫力が下がるため日和見菌への耐性も下がります。
疲れが溜まったり、ストレスに長い間晒されていると腸の働きが低下してきます。
正常な働きができないと腸内環境が悪化して、免疫力が下がり、さらに悪化する負のスパイラルになります。
十分な睡眠や適度な運動、正しい食生活などに注意して腸内環境の改善に努めましょう。

4

セロトニンの生成が影響するって本当?

セロトニンは、脳内で働く神経伝達物質です。
セロトニンの分泌が低下すると、神経間の情報伝達が正常に働かなくなります。
結果として、いらいらしたり、すぐに落ち込んだり、無気力になったり、様々な症状が現れます。
セロトニンは、脳内で使われる神経伝達物質ですが、意外なところに多く存在していることが最近わかりました。
それが腸内です。
割合としては、脳内に2%程度、腸内は約90%と言われています。
腸で作られた後、脳に運ばれて情報伝達に消費されます。

このことからも、セロトニンは腸内環境に大きく関係していると言えます。
マウスを使った動物実験で、腸内環境を悪化させると問題行動を起こす割合が増えたと言う結果が出ています。
腸内環境が精神的な部分にも影響を与えることが明らかになったきました。
ストレスが溜まっている悪玉菌が増えて腸内環境が悪化します。
つまりセロトニンの分泌異常が悪循環につながることになります。

このような悪循環を断ち切るためには乳酸菌を多く摂取して善玉菌を増やすことが有効です。
生活習慣を改めて、ストレスを溜めないようにすることや、質の良い睡眠をとることも効果的です。
まずは腸内環境を整えてセロトニンの分泌を増やすことから始めましょう。

5

役に立つウェブサイトについて

あなたが腸内環境を気にしている原因はなんでしょうか?
下痢や便秘などが起きている状態でしょうか?
もし便秘になっているのだとしたら、こういう商品があります。
便秘のお茶です。便秘のお茶については売れている物はけっこう色々ありますので、興味があればこちらのサイトを訪ねてみてください。